歯科で治療してよかったインプラントエトセトラ|カムカム治療

笑顔の日本人女性

歯の掃除を行なう

ホワイトニングで気を付けたいこと

歯ブラシと女性

白い歯は清潔感があり、好印象へとつながります。近年ではホワイトニングが一般にも浸透していて、人と接することの多い職業の方など幅広い方が施術を受けています。 これからホワイトニングを受けるという方の中には、施術後の白い歯が永続的に続くと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。しかし、白くした歯はある程度の期間を経ると残念ながら色戻りしてしまいます。効果の持続には個人差がありますが、3ヶ月から10ヶ月程度と言われています。食生活に気を付けたり、定期的にクリーニングを受けたりすることで効果を長持ちさせることが可能です。 歯のクリーニングは、歯垢除去として認識している方も多いのですが、歯を綺麗にすることで新たな着色汚れであれば落とすこともできます。中には着色を落とすためのクリーニングもありますので、歯の状態に合わせて、ホワイトニングと併用することができるのです。

ナチュラルな白さがトレンド

ホワイトニングと一口に言っても、求める白さは患者によって違います。歯科医院での施術の場合、歯の状態に合わせた施術プランが取られるほか、患者の白さに対する希望もかなえてもらうことができます。 もちろん、ホームケアとして行う場合も、状態を見ながらホワイトニングを継続するかどうかご自身で決めることが可能です。しかし、オフィスホワイトニングに比べると、先の見えない方法ですし、どれくらいの期間がかかるか分かりにくいというのが難点です。歯科医院で受ける場合は、こうした期間の相談も可能ですので、希望する期日までに白さを手に入れることができます。 しかし、悪質なクリニックは施術そのものを短時間にし、通院回数や完了までの期間を通常より多くかけるところもあります。医師やスタッフの対応を見て、信頼できるクリニックで受けるということが最も重要です。